見出し画像

東京・檜原村「HINOKO TOKYO」。そこは舞い散る火の粉に夜空が紛れて、星の香りが立ち込める場所/and SHIRO#5

「今日は雲ひとつ無い晴天になりそうです」

そんな予報に背中を押されて。私はここへ、星に逢いにきた。

東京・檜原村「HINOKO TOKYO」

都心から車でわずか1時間半のところにある、森の小さなキャンプサイト。

ここでは季節が巡るたびに草木が色鮮やかにその表情を変えて、東京の里山にせっせと四季を運んでいる。

この日。もうすっかり開いた梅の花は、春の粧いで私を迎えてくれた。

今日は、ここで夜を越す。

久々に押し入れから引っ張り出したテントを広げて、星たちと静かに過ごすための居場所をいつも通り拵えていく。

汗がじわり滲んで、息が弾む。少しずつ頭がからっぽになる。

こんな心地よさを知ってしまったから、多分またここに帰って来たんだ。

私の胸が小さく高鳴るたび。

ペグはいつもより深く沈んでくれることを知ってしまったから。

ゆっくり、ゆっくりとお気に入りで埋め尽くしていく秘密の基地。

PM16:30。まだ星は見えない。

ずっとこうしていたいけど。

山でつける一息は、意外と束の間だ。

やがて陽が落ちて、暗がりが辺りを包みはじめる。そうなる前に星を迎える準備に取り掛かりはじめる。

山に籠もる時は、とにかく丁寧でいたい。

いつも何かに追いかけられている日常で、忘れたふりをしてること。そんなめんどくささと真っ直ぐに向き合っていたい。

うん、我ながら美味しい。

一日の疲れも、毎日の迷いも。この一口で帳消しにしてしまえる自分を、今日だけは大目に見てあげよう。

行きがけに見つけた、星空っぽいお酒も案外悪くない。

というか、結構好きかもしれない。

本当にこんな華やかな香りがするのかなって、空を見上げる。

PM19:10。今度こそ星が出ていた。

なんで星を見に来たのかは、もう忘れた。

日々の捌け口でもないし、流行りでもない。ただ今日の夜気に身を委ねて、この時をじんわり飲みほしてみたかった。

はぜる薪の音と星空に身を委せて、ただまどろんでいたかった。

こんなにたおやかで優しい灯りを独り占めできる夜は、もう二度とやってこないかもしれないから。

いくら焦がれても眺めるしか出来ない。それは、ちょっともどかしい。

あんなにたくさんあるんだから、一つくらい掴めたっていいのに。

まあいいか。

私はいま、たしかに星を手にしている。

はるか遠くで瞬くあの香りを、私だけが知ってる。

心をふと軽くしてくれた、この甘いひとときを私はきっと覚えてる。

HINOKO TOKYO。

火の粉が舞い散るたびに夜空が紛れる不思議な場所では、星の香りがあたりを包んで、月が遠くでこちらを眺める。

明日、昂ぶる火も鎮まって星々もその灯を落したら、また素知らぬ顔で日常へと舞い戻っていく。

そして、雲がその姿を隠したとき。またここに帰ってこよう。

星たちが残した、甘い香りを手ががりに。

Creator&Model

カメラマン&アートディレクター/河野   涼(KAWANO RYO)
モデル/Ayame Masaki(正木 絢女)

MOVIE

HINOKO TOKYO
新規会員募集は現在停止中

住所/190-0213 東京都西多摩郡檜原村下元郷44
HP/https://hinoko.jp/
note/https://note.com/trail_heads/m/m45f561ef20b6
Instagram/https://www.instagram.com/hinoko.jp/

過去の「and SHIRO」はこちらから

この記事が参加している募集

#アウトドアをたのしむ

10,353件

#山であそぶ

1,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!