見出し画像

夏の釣り部は爆釣の予感!?釣ったキスをその場で天ぷらにしてキンキンのしろハイボール缶で流し込むべく、我々は灼熱の砂浜へと向かった

今回は、白岳しろ「釣り部」の第二弾です。

日頃からSNSで応援して頂いている釣り好きの皆さまに応えるため、会社の後輩と二人で立ち上げたこの部活動。

記念すべき第一回のサビキ釣りでは周囲の方々やビギナーズラックにも助けられて、なんとか自力でコノシロを釣り上げました。

これは嬉しかった!

しかし、この時が人生初めての釣りだった私は未だに完全なる初心者。

今後の部活を通じて無理なくステップアップするためにも、次回どんな釣りを選ぶべきなのかTwitterで聞いてみることにしました。

防波堤や船などの釣り場所やハゼやタイといった狙うべき魚まで様々なアドバイスをいただく中で、おすすめが特に多かったのがキス釣りです。

白岳が大好きで釣り初心者の私目線でキス釣りを見たとき、非常に魅力的だと感じられたのがこんな要素でした。

キス釣りを魅力的に感じた3要素
①夏が本番で、誰でも簡単に釣れる
②人吉からほど近い芦北で釣れる
③キスの天ぷらと白岳は相性抜群!

釣れたてのキスをその場で熱々の天ぷらにして、それを肴に冷えたしろハイボールをグッといけたらさぞ幸せだろうなぁ…。

そんな思い浮かべただけでとろけそうな空想を実現するために、第二回の釣り部は夏の魚「キス」を狙います!

前回の教訓を活かしたい

そんな訳で相棒の後輩と仕事終わりにやってきたのが、地元の釣具屋さん。

釣り場・仕掛け・エサが合っていなかったために4時間近くアタリの無い時間を過ごした前回の反省点を活かすため、まずはキス攻略の情報収集からスタートします。

店内に入ると、さっそく優しい店員さんが色々と教えてくれました。

キス釣りはこの天秤(てんびん)オモリという仕掛けを海底に這わせながら、その後ろにエサを付けて泳がせていくとのこと。

その上で私のような初めての人は少し重さがある方が投げやすいとのことで、こちらの天秤をチョイスいただきます。

その後も、この季節のキスに合わせたおすすめの釣り針や…

金具はゴールドが良いらしい

他の釣りでも充分に使える、コスパ抜群の万能ロッド(竿)

短めで振りやすいタイプ

そして、大特価コーナーから良質なリールを選んでいただき…

最後は、初めてキス釣りに挑戦する人でも仕掛けや釣り方が簡単にわかるパンフレットまでいただきました。

釣り初心者って本当に何にもわからないので、専門店の方にしっかりとレクチャーいただけるのは凄くありがたいんですよね。

ということで、釣り道具の準備は万端。

プロに選んでもらったこれらの武器を使いながら、頑張って芦北のキスを釣り上げていきたいと思います!

聖地・芦北に帰ってきた!

てんぐやさん

さあ、やってまいりました。我ら釣り部のホームグラウンド芦北!

当日はこれでもかというほど晴れて、まさに絶好の釣り日和。

そんな中、前回に引き続き訪れたのが漫画・放課後ていぼう日誌の聖地としても知られる芦北の有名釣具店「てんぐや」さんです。

このお店に来た目的はずばり、エサ釣り場情報を仕入れるため。

まずはキス釣りに欠かせない生き餌ですが、店員さんがアタリが多いと教えてくれた青虫(青イソメ)を使うことにしました。

めっちゃ動いてます…

そして、次は最も大事な釣り場です。

キスは基本的に砂浜で釣りますが、釣りが禁止されていない場所として紹介いただいたのが前回コノシロを調理した三ツ島海水浴場

春先に来た時とは全く違う印象。

眼前に広がるパノラマと真夏の圧倒的な青さに、一瞬言葉を失います。

そんな自然の素晴らしさに浸るのもそこそこに、さっそくキスを釣るための準備へ。

ここで一旦整理すると、白岳しろ「釣り部」は単なる釣り旅行ではなく部員(私)の成長を目的とした立派な部活動です。

だからこそ初心者の私がクリアするべき課題を事前に設定しており、このたびの重点テーマはこちらになります。

この釣りでクリアしたい3つの課題
①仕掛けやエサを自分で付けられる
②キャスティングが出来る
③釣った魚は、自分で捌く

ポイントは、釣り人として自分のことは自分で出来るようになること。

前回後輩に頼りっきりで情けなかった自分を変えるためにも、細かな部分にも挑戦してガンガンレベルアップしていくつもりです!

が…

意気込んだはいいものの、仕掛けの結び方でいきなり挫折…。

釣り人にとっては当たり前らしい漁師結びで器用に仕掛けをセットしていく師匠。私はどうしても結べなかったので、漁師結びは次回までの宿題にさせてください(悔しい…)。

次回までの宿題
「漁師結び」が出来るようになる

ただ、次のステップ「針の取り付け」は不器用ながらなんとかクリア!

グニャグニャと動き回る青虫の取り付けは

四苦八苦しながらも、なんとか成功です!

こうして、仕掛けの結び方以外は概ね自分で取り付けられたナイスな滑り出し。

準備も完全に整ったので、いよいよキス釣りへと進んでいきます!

人生初のキス釣りスタート

今回の釣りにおける最大の難関が、2つ目の課題「キャスティング」

指に糸をかけて投げる瞬間にその指を外して仕掛けを飛ばすらしいのですが、なにぶん初めてなのでその要領が一切わかりません。

投げる前に師匠(後輩)から懇切丁寧な指導を受けて、何度も投げるシミュレーションを重ねます。

そしてついに迎えた、記念すべき第一投目。

竿の重さを感じながら大きく振りかぶって…

投げましたっ!

手に伝わる重りの感触と“シュッ”と竿がしなる音。

「絶対に釣りが上手くなりたい」

そんな私の想いを乗せた一投は綺麗な放物線を描き、静かに落ちました…。

真横の砂浜に。

な、なんで?力を入れすぎたのでしょうか。

こうして、私の人生初キャスティングは無惨な結果に終わります。

後輩「先輩…。他に釣ってる人がいたら危ないので気をつけてくださいね。後ろに引いて、前に投げるだけで良いんですから。」

「お、おう!(それが難しいんだよ!初心者には…)。」

気を取り直して、再度キャスティング。

今度こそ無事に仕掛けが着水。

ここからはラインをピンと張りながら、少しずつリールを手繰っていきます…。

そこから巻くこと、2~3分。

なんか藻か石に引っかかったみたいので、一回竿を上げてみることに。

んっ?

え、竿先になんか付いてるっぽい?

つ、釣れとるやないかーい!!!

なんと人生初めての着水で運良くキスをゲット!これはもう奇跡としか言いようがありません。僥倖です!ミラクルです!

ここから釣り部に勢いが生まれます。

私が釣った直後に、後輩も一匹目をゲット!

私も勢いそのままに2匹目を釣り上げる事ができました。

釣れるのはもちろん嬉しいですけど、投げるごとに小さなアタリを感じられたり、夏の爽やかな風に吹かれながら楽しめるのが個人的には最高。

あと、キスだけでなく色んな魚がかかるのも面白いんです。

ベラ2連発

本当であれば、このまま何時間も釣っていたかった…。

しかし、私がキャスティングの際に指を離すのが遅くて仕掛けをロストするというトラブルに見舞われ、残念ながらキス釣りはここで終了に。

せっかく掴みはじめていたので、正直もう少し釣りたかったです。

しかし、釣りは気持ちの切り替えも肝心。ここからは3つ目の課題「釣った魚は、自分で捌く」に入っていきます。

まずは、後輩に教えてもらいながら包丁の背でウロコを丁寧に取ったら

恐る恐るキスの腹に刃を入れて…キスの内蔵を出していきます。

それからよく洗った後で、キスの頭を落として

天ぷらにするための身を開いていくんですが、これが本当に難しい…。

途中で身が崩れそうになりながらもなんとか耐えに耐えて、なんとか一人でキスを捌き切ることが出来ました!

ここまできたら、後はいよいよ食べるだけ。

釣ったキスを天ぷらにしてハイボールと合わせるという、今回のプランを実現していきましょう!

キスとしろ、奇跡の饗宴

キスを揚げるのは、もちろんオーシャンビューを臨む砂浜で。

今回もアウトドア感満載でお届けします!

まず捌いたキスをしっかりと衣に浸したら…

熱した油の中へ、いざダイブ!

揚がってます。揚がってます。

うーん、ナイスなビジュアルといい音!
油のパチパチという音が食欲をそそります。

待つこと約1分…。

いい色のキスが揚がってまいりましたよ!

これ絶対うまいやつです。

このタイミングで登場するのが、我らが白岳しろハイボール缶

アウトドアでもそのまま楽しめるのがしろハイボール缶の魅力。

ついに、夢にまで見た揚げたてのキスの天ぷらと合わせていきます。

まずは、アツアツのうちにキスの天ぷらからいただきまーす!

うまぁぁぁぁ!!!!

カリッという音の後に来る、さっぱりとしたキスの旨味。

夏の贅沢、ここに極まれり!
ごめんなさい。本当に美味しすぎて笑いしか出ません。

この熱さと旨さが口に残った状態で…

しろハイボールをグイっと!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉ!これはたまらん!!

本当に生きててよかった、うちの会社に入ってよかった。

キスの油をしろハイボールがしっかりと流してくれて、フォロワーさんの言う通りたしかに相性最高!

ここからはハンドルキーパーとして飲めないかわいそうな後輩に悪びれもせず、一緒にキスを楽しんでいきます。

揚げたてのキスとキンキンのしろハイボール缶。なによりも、大自然が生み出したこの砂浜の絶景。

全てが最高の釣り体験となりました。

ということで、第二回の釣行も大成功。

ここまでは絶好調の釣り部ですが、果たしてどんな獲物を狙いに行くのか。次の活動にもご期待ください!

また、釣り部では新入部員も絶賛募集中!
美味しいお酒と魚を楽しみたい方は、ぜひご応募くださいね。

白岳しろ片手に、楽しみにお待ちしております!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!